HuBridge

オキナワベンチャーマーケットweb版
Language

【架け橋通信Vol.78】台湾ニュース〜台湾のペット市場 -統計からみる台湾-

◆台湾注目ニュース

【経済】
◎ 中国人旅行客減少、台湾全土でホテルの売却増加(聯合報  5/13)
https://house.udn.com/house/story/5887/3139504

◎ 科学園区入居企業工業分野に限らず、新産業受入へ(聯合報 5/15)
https://udn.com/news/story/7238/3142495

【マーケット】
◎ TPEx医療分野企業エマージング登録推進(中時 5/21)
http://www.chinatimes.com/newspapers/20180521000325-260206

◎ TPExエマージング登録企業第一期好調(中時 5/17)
http://www.chinatimes.com/newspapers/20180517000464-260206

【政治】
◎ 前総統馬英九 機密漏洩で有罪判決(聯合報 5/15)
https://udn.com/news/story/12100/3142750

◎ 蔡政府支持率低下、メディア世論調査6割が不満(自由報 5/14)
http://news.ltn.com.tw/news/politics/breakingnews/2425102

【社会】
◎ 女性警察官隠し撮りによる交通違反取締り16件、市民に通報され違反取り消し(聯合報 5/15)
https://udn.com/news/story/7320/3142539

◎ 路線バス運転手心臓病発病、対向車線にはみ出し大騒ぎに(自由報 5/15)
http://news.ltn.com.tw/news/society/breakingnews/2426301

【その他】
◎ チャイナエアライン チェックイン受付終了離陸1時間前に早める(5/15)
http://www.chinatimes.com/realtimenews/20180515003729-260405

◎ タイガーエアー沖縄-台湾 往復税込み3300元~(ETtoday 5/16)
https://travel.ettoday.net/article/1170883.htm?from=fb_et_travel

ニュースの全文を知りたい!という方は、 ニュースのURLをご指定した上でmail-mag@ojad.jp までご連絡ください。

 

◆ 特集 「台湾のペット用品市場」

台湾では、ライフスタイルの変化や人間関係の希薄化、少子高齢などを背景にペットを飼う人口が増えている。行政院農業委員会によると、1960年代から犬・猫売買市場が形成され、番犬や捜索などの目的で大型犬が主に購入されていたが、近年は「家族の一員」、「恋人」としてペットを扱う人が多いそうだ。
当委員会の「動物保護資訊網 各県市犬猫統計」によると、台湾全土におけるペット数は年々増加しており、特に犬・猫の数が著しく上昇している。2009年における犬・猫ペット数は1,553,520匹だったが、2017年にはおよそ100万匹増加の2,510,459匹に上った。県・市別に見ると、1位:新北市、2位:高雄市、3位:台北市 の順でペット数が多い。
%e5%8f%b0%e6%b9%be%e3%83%98%e3%82%9a%e3%83%83%e3%83%88%e6%95%b0%e7%b5%b1%e8%a8%88

参照)行政院農業委員会 「動物保護資訊網 各県市犬猫統計」より作成

 このような近年のペット数の増加に伴い、海外からの台湾ペット用品市場への参入も目立ってきている。貿易局の貿易統計によると、2009年から2017年の8年間でその輸入額は約8300万ドルも成長しており、ペット用品の需要拡大傾向が伺える。
2017年6月30日のアップルデイリーの報道によると、農業委員会はペット用品市場が500億元もの成長市場だと発表しており、今後さらに拡大すると見込んでいる。また、Yahoo奇摩ネットショッピングでは、2017年5月の売上げが前年同月比7%上昇していると伝えている。

%e5%8f%b0%e6%b9%be%e3%80%80%e7%8a%ac%e3%83%bb%e7%8c%ab%e7%94%a8%e5%93%81%e8%bc%b8%e5%85%a5%e9%a1%8d

参照)経済部国際貿易局 中華民国進出口貿易統計より作成

 しかし、台湾のオンラインペット情報誌「HOTPETS 哈寵誌」は、市場拡大の一方で国内ペットショップや病院、ペット用品製造業者、輸入業者などの競争激化が深刻化し、売上げの低下に苦しんだ結果、すでに撤退を余儀なくされている業者も出ていると指摘している。

 このように、台湾のペット数・ペット用品市場は年々拡大しつつも、関連企業の競争が激化しており、淘汰される業者も少なくない。消費者の買い物のスタイルが実店舗からオンラインに移行していることから、実店舗のみに頼らないオンラインを活用したビジネス戦略が求められるだろう。また、最近では動物愛護への関心が高まり、ペットを飼育している人の多くが犬・猫里親制度を利用する人が増えている(注1)ことから、特に犬・猫の売買市場は伸びる可能性が低い。今後はそれらの現状を踏まえた上で、多角的なサービスの展開による差別化が必要となりそうだ。

参考URL)
「台湾ペット市場はすでに飽和状態?飼い主の傾向と市場の分析」HOTPETS 哈寵誌 2017年2月17日HOTPETS 哈寵誌

寵物市場已飽和?毛經濟年度盛事 分析台飼主及市場風向

「台湾ペットビジネス500億元、ネットショップ猫用商品犬用より成長」アップルデイリー 2017年6月30日
https://tw.appledaily.com/new/realtime/20170630/1151068/

注1

寵物市場已飽和?毛經濟年度盛事 分析台飼主及市場風向

 

◆経済指標
【加権指数】

%e5%8a%a0%e6%a8%a9%e6%8c%87%e6%95%b020180514

※ 台灣證券交易所より

【為替】

%e4%b8%89%e8%8f%b1%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%882018514

※ 三菱UFJ銀行より

ニュースの全文を知りたい!という方は、 ニュースのURLをご指定した上でmail-mag@ojad.jp までご連絡ください。

●メルマガの配信が不要な方は、お手数ですが懸命はそのままで「配信不要」の旨ご連絡ください。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
オキナワベンチャーマーケット運営事務局
(株式会社OKINAWA J-Adviser内)
〒901-0152
沖縄県那覇市字小禄1831番地1 沖縄産業支援センター501
TEL:098-851-4130 FAX:098-851-4131
E-mail:ovm@ojad.jp  URL:http://www.ojad.jp/ovm
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□■■□□■■□□□□■■□□□□■■□□■■□□□□□□■■□□■■□□□
□□□□□■■□□□□■■□□■■□□□□■■□□□□□□□□□□■■□□□□□
□□□■■□□■■□□□□■■□□□□■■□□■■□□□□□□■■□□■■□□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□